STAR WARS TOYS

2010年12月18日

トロン:レガシー 観てきました

アメリカにいた際、映画館でトレイラーを見た瞬間、これ絶対見る!
と意気込んでいた映画でした。あのSFチックな感じが、超私好みで。

更に音楽がダフトパンクって聞いて、更にテンションアップ!
だってサイバーな感じに絶対合うもの〜〜。

私は初回の作品は未見なので、これが初のトロンです。

<以下、ネタバレはありませんが、感想が含まれるので
未見の方には不要な情報かもしれません、気にしない方のみ
ご覧ください>



■公式サイト 「トロン:レガシー
TRON_official HP.jpg

■ストーリー
-----------------------------------------
デジタル業界のカリスマ、ケヴィン・フリン(ジェフ・ブリッジス)が
謎の失踪(しっそう)を遂げてから20年たったある日、
27歳に成長した息子サム(ギャレット・ヘドランド)に
父ケヴィンからのメッセージが届く。サムは、
父ケヴィンの消息を追って父のオフィスに足を踏み入れるが、
そこには衝撃的な真実が待ち受けていた。

-----------------------------------------
Yahoo!映画より引用

多分、私が前回を見ていないのが敗因かもしれません。
とりあえず意味が分からないことが、たーーーくさんあった。
まず登場人物が多すぎて、更にマスクをしているので
名前が覚えられない。

あとあの意味不明な現実シーンのストーリーがどうにも
何の為にあったのか良くわからず。

正直、この映画はCGと音楽を楽しむためのもので、
脚本はいまひとつであったと思います。
ハリウッド、そしてディズニーにしては、起承転結が曖昧すぎ。

■キャスト
しっかし、最近、ジェフ・ブリッジス本当にいろんな映画に出てますよね〜。
もう出すぎなんじゃないかと(笑)。今回も重要な役目ですが、もう既に
神の域に達しているようにも思える。あ、演技じゃなくて見た目ね。

主役の2人は、存在感がありすぎなくて、ちょうどよかったかな〜。
そういう意味ではアバターと同じような感じ。
人間を気にするのではなく物語というか映画全体を感じるための
キャストだったのではないかと。

でも衣装がすんばらしいので見ていて楽しかった。

■全体の感想
結構ぼろくそに言っているように見えますが、確かに脚本、ストーリーは
おいおい!!!!!が満載です。意味不明なポイントも多くって、2時間
で眠くなる箇所も・・・。

ただ!ダフトパンクの音楽と映像が素晴らしい。
これはゲームの中に自分が入って、それを体験する映画だと思う。
なので内容は、どうでもいいのだ。

CGもかっこいいし、目で見る分には飽きさせない効果もたくさん。
個人的にはあのバイクに乗りたい!!!
音楽とCGを見せているシーンが一番よかったというオチですね。

スター・ウォーズファンは、楽しめる&ツッコミどころ満載ですよ。
お、オビワン?!とか、この船は?!とか、根本的なストーリー展開
とか、まあそれはSWっぽい部分がいっぱいです。

アバターよりも3Dはかなり効果的に使われており、3Dを楽しめたと
思います。自分が動いているというか、映像の中に入り込んでいる感じが
楽しかったです。相変わらずあのメガネが重いんですが・・・。

あとは、字幕が下手に3Dで邪魔だった。
そういう意味でやっぱりアメリカで見たかったなぁ。あれアメリカ人と
見たら絶対無駄に盛り上がるはず。あの騒ぎっぷりが好きなので、
うーーん、アメリカで見た方うらやましい。
posted by dora-sw at 14:44| Comment(2) | TrackBack(0) | スターウォーズ以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪
映像を楽しもうと思って吹替版で観ました。
うふふ、SWファンにはニヤリとしてしまう所がありましたよね。
空中戦とか、ライトセーバー??、オビワン??(笑)
違った意味でも楽しめました。
Posted by yukarin at 2010年12月18日 22:42
>yukarinさん

早速ご覧になられたようで、今回は見た日が
yukarinさんと同じだったので映画を見てすぐ
ブログ拝見させて頂きました。

映像を楽しむためには字幕が邪魔なので、
吹き替え版で見るのもイイ手かもです。

SWファンにはおもしろがいっぱいでしたね。
あれはファンと見ると楽しいかも〜。
Posted by dora-sw at 2010年12月18日 23:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Amazon Starwars
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。